DUO3.0

DUO 3.0 を使った英単語勉強法

DUO勉強法(中級編)

読了までの目安時間:約 3分

中級編は、普通にDUO3.0に興味を持つようなTOEIC400点台から、TOEICが500点くらいの人なための勉強方法になると思います。

英語のレベルとしては、大学入試レベルから大学卒業・入社レベルと思います。

私の場合は、勉強を始めた頃は中学3年レベルの英語でしたので、初級編修了後に中級編をやりました。

あいかわらず、片道、徒歩10分+電車20分+徒歩10分の通勤時の勉強でした。

中級編でも使うDUO3.0は、単語帳(DUO 3.0 / ザ・カード)と基礎用のCD(DUO 3.0 / CD基礎用)です。

初級編と同様に英語を見て(聞いて)日本語に出来るようにするという使い方です。

勉強のボリュームは1日基礎用CDを1枚を目標としました。

具体的にCDは、

  1. 基礎用CDのDISC1:セクション1~8:例文番号1~100
  2. 基礎用CDのDISC2:セクション9~18:例文番号101~211
  3. 基礎用CDのDISC3:セクション19~27:例文番号212~328
  4. 基礎用CDのDISC4:セクション28~36:例文番号329~448
  5. 基礎用CDのDISC5:セクション37~45:例文番号449~560

という構成になっていますので、初級編の1日1セクションのボリュームから8倍~9倍にボリュームアップしたことになります。

CDの録音時間も1枚あたり60分弱になりますので、CDをじっくり聞き込むほうがメインの勉強法になります。

単語帳は一度終わらせてますので、比較的一気に進めることが出来るようになっていました。

1日の流れは、
■朝の駅までの徒歩→当日分CDのヒアリング。
■行きの電車・→当日分の単語帳の勉強。
■会社まで徒歩往復・帰りの電車・帰りの駅までの徒歩→当日分のCDヒアリング。
といった感じです。

1週間で基礎編CDの1周が終わりますが、全て憶えてると自信が付くまで8週間繰り返しました。

通勤時ですから、電車の中でウトウトしていたときもあったと思いますが、あまりくよくよ考え込まずに、何度も繰り返すことを重視したほうが良いかも知れません。


DUO3.0/ザ・カードの勉強方法
DUO3.0 基礎用CDの勉強方法

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
プライバシポリシー