DUO3.0を使った英単語勉強法

DUO3.0を使った英単語勉強法

DUO3.0を使った英単語勉強法

今度こそ必ずモノにする英語習得プランニングノート

読了までの目安時間:約 3分

2011年7月19日発売の今度こそ必ずモノにする英語習得プランニングノートで、DUO3.0が紹介されています。

今度こそ必ずモノにする英語習得プランニングノート

著者は、土屋 雅稔さん。本のカバーの紹介によると、神奈川県出身。TOEIC990、英検1級、国連英検特A級合格。34歳で英語学習を開始、34歳から英語講師らしいです。

この本には中1レベルから学習する手順が書かれています。DUO3.0は通常の単語集としての使い方のほかに、スピーキングの教材としての使われ方も書かれています。

まず単語集としての使い方です。最初は3000語レベルの単語集を憶えたのちに6,000語レベルの単語集をやることがこの本の中では推奨されています。

6,000語レベルの単語集として、DUO3.0が紹介されています。

今度こそ必ずモノにする英語習得プランニングノート

左ページの一番左が私のお薦めDUO3.0です。

その他6,000語レベルの単語集として2冊紹介されていますので、Amazonのリンクを張っておきます。

究極の英単語SVL〈Vol.2〉中級の3000語

ABC単語集6000words

この本に面白い覚え方が書いてあったので、引用します。

『DOU3.0』のような例文タイプの単語集は、本来想定されている使い方で、つまり例文を覚えることで単語を覚えようとすると、負荷が高すぎて挫折する人が多く出てきます。そういうやり方ではなく、まずは「mammal哺乳類」「mammal哺乳類」のように機械的に暗唱して、覚えられるものは覚えてしまい、残った覚えにくい単語のみ、単語を思い出すためのヒントとして例文を読む、というのが挫折しにくい方法です。

いろいろな使い方があると思いますが、私は例文を丸ごと覚えちゃったほうが楽な気がします。


もう一つこの本の中で面白いDUOの使い方があったので紹介します。それは、DUOセレクト―厳選英単語・熟語1600を使ってスピーキングののトレーニングをするというものです。

今度こそ必ずモノにする英語習得プランニングノート

この本に載っているスピーキングの方法は例文暗唱です。やり方を本から引用しましょう。

スピーキングのトレーニングの基本は、「英文を聞いて、真似して口にする」ことです。モデル音がなくても正しく発音できる中上級者であれば、必ずしも聞いて真似しなくてもテキストだけで学習できますが、初心者の段階では、英文を聞いて真似をするほうが無難です。その場合、結局「英文を聞いて、真似して口にする」ということになり、リスニングの精聴のトレーニングとほぼ重なるのです。

ただし、テキストは優しいものを使ったほうが良いようです。

写真のページで紹介されていたDUOセレクト以外の教材のAmazonへのリンクです。

英会話・ぜったい・音読 【入門編】--英語の基礎回路を作る本

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

この方法に興味がある場合は、原本を読んでください。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿